交通事故と違反点数

スピード違反に酒気帯び運転、携帯電話やスマートフォンを使用しながらの運転、違法駐車など、交通違反の種類は様々です。
同様に、交通事故にも被害者や建物が受けた損害の程度によって責任が追及されます。
警察では交通事故や交通違反を点数で表わし、運転者に加算することで責任を負わせます。
ここでは、交通事故と違反の点数について紹介しましょう。


この点数は、プラスとして加算されるにもかかわらず、マイナスな結果となる措置です。
重い責任の場合は刑事責任を取らされることもあり、運転者は注意が必要です。
交通違反では、100近くも細かく分けられた項目によって点数が付けられます。
無免許運転はもちろんのこと、スピード違反などは速度によって10近くに分かれた点数の付け方が決まっているのです。
信号無視、急ブレーキ、整備不良、路線バスなどの優先通行帯違反、無灯火等、教習所で学んだ知識が現実の罰則とされます。
泥はね運転ですら交通違反に相当するため、日頃から運転マナーを忘れがちな人は気をつけなければいけません。


交通事故の場合は、対人事故なら全治15日未満から死亡事故まで6段階に分けて点数が加算されます。
責任の重さによっても点数が異なり、死亡事故ではその差が大きいことから重大な事件だとわかるでしょう。
交通事故と交通違反が重なれば、さらに点数は大きくなります。
これにより行政処分が取られ、免許停止や免許取り消しになることも珍しくありません。


Copyright © 2014 交通事故と点数 All Rights Reserved.